MBAを取ってはいけない人3パターン

皆さんこんにちは石川恵理香です。

本日お届けするのは「MBAを取ってはいけない人3パターン」です。

3パターンに行く前になんですけれどもMBAというものを皆さんご存知でしょうか?

知らない方のために少しだけ解説をします。MBAの略としてはMaster of BusinessAdministrationとなります。
これ何なのかという所をもう少し詳しくお伝えすると、起業したいもしくはビジネスをもう少し学びたいといった方々がこぞって取る修士号のこととなります。

欧米などでMBAを取る人がかなり増えてきて日本でもこのMBAを取れる環境というのは整いつつあります。

では、なぜMBAを取るのか?
何の目的で取らなければいけないのか?

というところは一番最後にお伝えしますけれども、決定的に海外と日本のMBAで違うところがあります。

それはお金です。

日本はものすごく安いですね。
海外だと数千万とか少なくても1,000万円ぐらいはします。

このMBAの上に、大人になってからとるMBAバージョンみたいなものがありまして、それがExecutive MBAといったものになります。

もう本当にエグゼクティブクラスの方々が次のステップに進むために取ったりするんですよね。
かくいう私も友達がエグゼクティブMBAをいっぱい持ってるので、私も色々とこう必要性を感じ始めたので来年再来年あたり挑戦してみようかなと思っているんですけれども、そういったところで一番有名な所で言うと私も行ったハーバードですよね。

そこでオファーをしているハーバードビジネススクールであるとかあとはスタンフォードであるとか、MITも実は出してるんです。
Executive MBAのところで言うと例えば私の友達も結構行ってるんですけれども、INSEADだったりとかそういったところになります。

では、3つのパターンをお届けします。

まず一つ目、「いばるため」にMBAを取る人。

これはねちょっとどうかなと思います。
MBAを海外で取ってきました!とレジュメにこう誇らしげに書いて、私の所に面接に来るわけですよね。
MBAを何の目的でしたのかとか、色々聞いてみるとですね、なんかMBA取ってると色々すごいからみたいな。

でも聞いてみると中身がなかったりとかするわけですよ。
もちろん中身がある方もいて目的意識をちゃんと持って取ってくる方もいるんですけれども、MBAって皆さんご存知かわからないんですけれども結構ですね、理数系よりのMBAがあったりとかファイナンスよりのMBAがあったりとかそういったスペシャリティーを選べたりするんですよ。

なので、その方がどういったことを目的になぜその学校でMBAを取ったのかというところを聞かなければ、ただ凄いのであるだから私は取ってきたのであるみたいなそういう方はちょっと気をつけた方がいいかなと思います。

二つ目はですね、「起業するため」です。

あれ?
さっき石川、起業する若しくはビジネスをやるために取るって言ってたよね?

そういう声が聞こえてくるんですけれども、起業を目的として取るという方はちょっと危険だなと思います。

これなぜかと言うとですね起業する人って何が何でも起業するんですよね。

別に学校に行って勉強して起業するというメンタリティーを持つのが起業家ではなくって、ビジネスで何らかの価値もしくは自分に対して得るものがあるからビジネスを始めるわけですよね。

それをですね、「よしちゃんと学校に行って勉強をしてそこから考えよう」みたいな人はどうなんだろうと。

なんか社長になることが夢みたいな。
人間になることが目標みたいなそれと同じような感じに聞こえてしまうんです。

けれども例えば、私16歳の時に起業したんですよね1回。

その時って別にMBA持ってなかったですしMBAを取ろうとも思わなかったですし、取るお金があったら投資しようという頭なんですよね。
なのでMBAを持っていなくてももちろん素晴らしい起業家さんっていっぱいいらっしゃるんですよね。

なので起業というところを目的にするのではなくて起業にもし必要なのであればとるといった考え方にするべきだなという風に思います。

それでは、ラスト三つ目。
これは「知識を得るため」です。

知識は図書館に行って得てください。
学校に行かなくても絶対知識は得らえられます。

これはですね、私がハーバードに行った例を出すと私ハーバードに行った目的は二つあって、これは別の動画で解説しますけれども、知識を得るためじゃないです、ぶっちゃけ。

知識を得るんだったら別にそんな高いお金を払ってハーバードに行く必要もないですし、今の時代インターネットもあるので知識を得るんだったらインターネットでググってみて下さい。
大抵のことは出てきます。

というところでちょっと辛口になってしまいましたけれども知識を得たいから行くという所を目的にしない方がいいかなと思います。

ここまで三つダメダメなパターンを見てきましたけれども、それでは何のために行った方がいいのかと言うと、私の広域的な理由としては

ネットワーキング

ですね。

このために行くというのは一つかなと思います。
MBAに行くと本当に優秀な方はいっぱいいらっしゃいます世界各国から特に海外ですと。

なのでそういった方々と知り合うでコネを作る。
コネって悪い意味じゃないですよコネクションネットワークを創ってそこでビジネスが生まれたりですとか、そこから色々な物が価値が創出できたりですとか、世界的な見地が見れたりですとかそういったことが学べるのでそういったネットワークですね。

それを目的にするのが一つかなと思います。

はい、と言うわけで本日お届けしたのはMBAに関してです。
この動画が参考になったという方は、いいねボタンを押してください。

本日の配信は以上となります。